1. TOP > 
  2. お役立ちコラム > 
  3. 透析の感染管理について

透析の感染管理について

透析における感染管理について続き~標準予防策~

〇すべての血液を対象として行われる。
〇すべての血液(汗を除く)すべての体液・分泌物、排せつ物、粘膜、健常ではない皮膚が感染性を有する対象として適応する。

〇基本は手指衛生と個人防護用具を着用する
〇手指が目に見えて汚れている場合は、石鹸と流水で手を洗う。
〇手指が目に見えて汚染がない場合は、アルコール基材とする速乾性手指消毒剤を使用する。
〇手指が目に見えてない、汚染がない場合は、アルコール基材とする速乾性手指消毒剤を使用する
WHO 5モーメンツ

感染経路別の予防方法としては

〇経路別に血液媒介感染、接触感染、飛沫感染、空気感染があります。
〇血液媒介感染では、血液の直接接触や針刺し切創を介して、HBV・HCV・HIV・梅毒が感染する。
〇接触感染により伝播しやすい耐性菌(MRSA・MDRP・VRE等)への対策
〇飛沫感染としてインフルエンザウィルスなどへの対策は、個室管理・空間管理・時間隔離する。
〇個室がない場合は、ベッド間隔を2m空けるか、カーテンやパーテーションをする。
〇空気感染予防は、陰圧室への個室で行う

〇空気感染をおこす病原体は、結核菌・麻疹ウィルスなどである

透析開始時の穿刺をどのようにするか

透析開始の穿刺では、手袋・マスク・ゴーグル、エプロンを装着し、
  ”血液暴露”  防止対策を実施する。

表在化動脈など、圧が通常の「内シャント」より高いため、血液暴露のリスクが他のバスキュラーアクセスよりあります。

使用後の穿刺針はリキャップせずに耐貫通性容器に廃棄します!

穿刺後のパネル操作と回収時の操作

①穿刺後の透析設定等は手袋を外して行う。
②穿刺をした看護師とは別に、介助者が設定を行っています。

回収場面では、手袋を装着した状態でタッチパネルの操作をしてから回収を行う!

エビデンスとは、処置・ケアをする場合や透析機器に触れるときは、常に手袋を着用して、また適宜ガウンやエプロンを着用しています!

看護専門のコンサルタントがあなたのご希望をピッタリのお仕事をお紹介します!
ご登録からご入職までの流れ 詳しくはこちら
サービス内容 よくあるご質問 お役立ちコラム 会社概要 採用ご担当者様へ