1. TOP > 
  2. お役立ちコラム > 
  3. 透析看護師って何をしているのか

透析看護師って何をしているのか

透析看護師の役割は、どのような役割を担っているのか

透析室看護師の役割は、大きく分けて3つあります。

①透析の準備や穿刺や抜針や止血

透析には、専用の人工透析機械は必要になるので、透析を開始する前に準備を行います。
患者が来院したら体重や血圧の測定の状態をチェックします。

状態確認して、問題なければ透析の開始です。
血液透析用に作られた血管を使い、針を刺して血液回路に接続して血液浄化を行います。

終了したら針を抜いて、止血します。
この一連の流れを看護師が行います。

②透析中の患者の看護

透析中は、患者さんの状態に変動が起きやすいため、導入開始時期など含め、血圧低下がないか、気分が悪くなった人はいないかなど、注意深く観察することが必要です。

③患者の健康管理と生活指導

人工透析を受ける患者さんは、体重管理や食事制限、活動制限、内シャントの管理など、日常生活において注意を払わなければならないことがたくさんあり、患者の状態に応じた適正な管理をするために、正しい知識を提供し、又制限等を遵守するやり方を伝えたり、適宜、確認する必要があります。

患者さんの健康管理や、生活指導は、患者の生活の質、そして予後に直結するので、非常に大切な役割とも言えます。
デメリットとして、透析についての知識が深まる一方で、他の一般的な看護の技術や知識とは少し離れる部分も多く、透析室以外への転職が難しい場合もあります。その面をあげると、他に転職希望がある時にはブランクを感じるかもしれません。反対に病院からの転職や移動の場合には、透析専門知識や技術について覚える内容が非常に多く、勉強も多いいと言われます。
透析室には、ワンフロアで大部屋のような解放空間の場合は多く、他のスタッフや患者との関わりが目に入りやすく、人間関係のトラブルが発生しやすいという特徴もある様子です。
看護専門のコンサルタントがあなたのご希望をピッタリのお仕事をお紹介します!
ご登録からご入職までの流れ 詳しくはこちら
サービス内容 よくあるご質問 お役立ちコラム 会社概要 採用ご担当者様へ