1. TOP > 
  2. お役立ちコラム > 
  3. 血液透析

血液透析

透析看護師
透析、看護、看護師、転職、

血液透析とは、何か?

全身の血液を体の外に出し、透析器の中で血液を濾過して、キレイな血液を体に戻す方法です。
ほとんどの場合、腎臓専門医のいる施設で行うため、定期検査や合併症の治療を同時に受けられます。

血液透析を始めるための準備としては、腕などに血液の入り口を作ります

血液透析を始めると1−2日おきに病院に行き、4−5時間ほどの時間をかけて透析を行います。


<注意点として>
タンパク質の過剰摂取は、尿毒症の原因になる成分が溜まりやすくなるため、注意する必要があります。

水分の制限も必要です。
透析によって急激に体の中の水分量が下がってしまい低血圧を引き起こすことがあります。
血液の出入り口を清潔に保つことも大切です。

血液透析にメリット・デメリットとは?

メリット

血液透析の治療は、基本的に透析施設に来院して、専門のスタッフである医療従事者がほとんど行います。
治療自体は、医療従事者が行ってくれます。

トラブルが起きても、近くにスタッフが対応してくれて安心感もあります。

週に3回で1回4時間という決まった曜日や時間に治療を行うので、生活にメリハリがつきます。

デメリット

血液透析の場合、シャント血管に皮膚を介して、穿刺を行わなければなりません。そのため、毎回、痛みは生じてしまいます。

透析施設が近くにない場合には、週3回の通院が苦になることも少なくはないです。頻回の通院と治療が苦痛に感じる人もいます。

透析中はベッドから動けることができないので、自由度は減少していきます。
看護専門のコンサルタントがあなたのご希望をピッタリのお仕事をお紹介します!
ご登録からご入職までの流れ 詳しくはこちら
サービス内容 よくあるご質問 お役立ちコラム 会社概要 採用ご担当者様へ